洗髪した後のドライヤーで髪のケアをしよう

2013y02m07d_174152565

ドライヤーは熱を持っているため、誤った使い方をすると髪を傷めてしまいます。

正しい使い方をすれば、髪は傷まず逆に髪や頭皮のケアを行うことができます。

最近では髪に優しい熱を放出するドライヤーなども販売されているので要チェックです。

良いドライヤーと良くないドライヤー

正しくないドライヤーの使い方としてよくあるのが、ドライヤーと髪の距離が近すぎることです。

ドライヤーが髪に近いと髪が熱を持ちすぎて焦げてしまったり、頭皮の乾燥を進めてしまうかもしれません。

また長い時間ドライヤーを当て続けても同じく熱を持つので髪には良くありません。

しかし、だからと言ってドライヤーを使わず自然乾燥で髪を乾かすのはおすすめしません。

髪を乾かさずにいると髪についたままの水分から頭皮の体温が奪われ、血行不良になるからです。

血流が悪くなると髪に栄養が届きにくくなり、育毛剤を使用しても効果が弱くなるので、ドライヤーでの髪の乾燥は必ず行いましょう。

なるべく髪からドライヤーを遠ざけて、短い時間で乾かすようにすれば髪へのダメージが少なくなります。

最近話題を集めているマイナスイオンドライヤーは育毛ケアにおすすめです。

マイナスイオンによって髪の保湿力が高まるので、ダメージ補修を行いつつ髪を乾かすことができます。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ