夏が来る前の梅雨の時期も髪の調子に注意しよう

2013y02m07d_174234938

梅雨のじめじめした天候は誰でも不快に思うことがあります。

育毛ケアをしている方にとっては、この時期の育毛ケアが重要になってきます。

夏の前から髪にダメージを与えないよういつも以上に気を付けて髪や頭皮の様子をチェックするよう心掛けましょう。

梅雨の時期特有の頭髪に与えるダメージとは

梅雨の時期は髪や頭皮にとって一番注意を払うわなければいけない時期です。

梅雨になると気温と湿度が上がるため、その分頭皮から皮脂や汗が出やすくなります。

皮脂や汗がくっついて毛穴に入ってしまうと、毛穴がつまり健康的な髪を作ることが難しい毛穴になってしまいます。

梅雨の時期に入り、いつもより湿気や気温上昇を感じたら念入りにシャンプーをした方が良いでしょう。

また雨自体にも頭髪にとって良くないものだと言われています。

雨には様々な成分が含まれており、中には頭皮に良くない有害な成分によって頭皮環境に危険が及ぶ可能性があります。

髪が雨に濡れたまま、拭いたり乾かさずにいると細菌が繁殖し炎症などを起こすリスクが高まります。

たとえ小雨で短い距離の移動であっても、雨が降っていたら必ず傘をさすようにしましょう。

もし髪が雨に濡れてしまったら早めに乾燥させましょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ