遺伝子要素にストレスが加わることで抜け毛が進行してしまう

2013y05m02d_111712369

男性の脱毛の原因は遺伝子によるものという印象が強いですよね。

確かに遺伝子に寄って薄毛になりやすい人はいますが、生活環境を整えていればふさふさの毛を保つことができます。

髪が抜けやすい体質の人が、ストレスや生活リズムの乱れを起こしてしまうと抜け毛が進行していきます。

髪を増やすことを考えよう

遺伝子によって髪が抜けやすい体質だと分かったとしても

それが将来絶対薄毛になるというわけではありません。

親族に薄毛が多い人でも

生活習慣や食生活を健康的にしていれば

薄毛になることはありませんんよ。

 

なので薄毛が目立ってきたら

遺伝子による影響を抑えるよりも薄毛になった直接的な原因を改善し

新しい髪を増やすことに専念しましょう。

 

薄毛になりやすい人がいくらぬけていく髪を止めようとしても

遺伝子によって抜けやすくなっているのでどうにもできません…

 

それならいくら抜けても大丈夫なように髪をたくさん生やせばいいのです!

 

規則正しい生活を送ってバランスの良い食事を摂り

適度な睡眠と運動をしていれば自然と髪は育っていきますよ。

 

特に気にするべきなのは食生活ですね。

仕事などが忙しいとつい栄養バランスが偏りがちになります。

そんな時には1日に1回野菜スープを飲むようにしましょう。

ニンジン、ホウレンソウ、ピーマン、キャベツ、ブロッコリーと言った野菜を

スープにすると髪が生えやすい頭皮環境が作れるようになりますよ。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ