初夏に正しい育毛ケアをしていないと取り返しのつかないことになる?!

2013y07m08d_102408055

育毛ケアに適して季節などは特にありません。

「髪を増やしたい!」と思った時が育毛ケアを始める日になります。

後からでいいやと髪や頭皮を放置しているほど育毛が成功する率が低くなってしまいますよ?

薄毛の悩みは早めに解決してストレスフリーな生活にしよう

薄毛が気になりはじめたらなるべく早く育毛ケアに取り掛かりましょう。

特に夏に向けて暑くなってくる初夏の時期は

何もしていないとどんどん髪がパサついてきて育毛ケアの効果が発揮できなくなります。

紫外線が強くなると頭皮も日焼けするので

毛根の奥にある髪の毛を生成している毛母細胞にダメージを与えることになります。

 

髪がパサついて毛母細胞も傷ついているとなると髪を成長させる力が弱くなり

余計に薄毛や抜け毛を進行させてしまいます。

 

それに冬の寒さに慣れてたころに初夏が来て暑くなると

頭皮に汗や皮脂が過剰分泌されて頭皮環境が悪化することがよくあります。

 

頭皮に細菌が繁殖してかゆみを発生させ

頭皮を掻いてしまうことで薄毛になる原因を自らが作ることになってしまいます。

 

春から夏いかけては特に髪や頭皮にダメージが加わるので

育毛ケアをしようと思ったらなるべく早くケアを始めて

ダメージを蓄積させないようにしましょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ