育毛剤を使うだけでは治らない「抜毛症」

女性の抜け毛髪が抜ける原因は様々あります。遺伝や食生活、ストレスなど、人によって抜け毛の原因は違ってきます。

若い女性に多い抜け毛の原因が「抜毛症」です。

これはただ髪が抜けるだけではない、もっと深い所の治療が必要な病気です。

 

抜毛症は、心疾患とかかわりのある病気です。

頭髪だけでなく、まゆ毛やまつげを自分の手で引き抜いてしまう病気です。

体の毛を引き抜くことで、ストレスや欲求不満を解消するのが目的です。

抜毛症は10歳ごろの女の子に多い病気ですが、成人でもこのようなことが起こることがあります。

成人になって抜毛症の症状が現れた場合、精神的な問題が隠されていることが多いので、抜け毛予防だけでなく専門的な心の治療を受ける必要があります。

 

体調が万全になったら育毛を

抜毛症とまでは行かなくても、無意識に髪の毛を引っ張ってしまう癖をお持ちの方もいると思います。

軽い癖でも抜け毛の原因になるので、髪を大事にして育毛を心がけましょう。

薬局に行けば女性専用育毛剤がたくさん置いてありますし、女性の育毛アドバイザーに相談してみるのも良いでしょう。

育毛の悩みがストレスになると、さらに抜け毛が進行してしまいます。

一人で悩まずに、誰かに相談して少しでもストレスをなくすよう心掛けましょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ