限度を越さなければパーマやカラーをしても良い

2013y11m10d_113025082

髪や頭皮のことを思えばなるべくパーマやカラーリングはしない方が良いですね。

しかしどうしてもパーマやカラーがしたいという人もいます。

なるべく髪や頭皮に負担をかけない方法をとるのであれば大丈夫ですよ。

パーマやカラーの限度

パーマは薄毛の人はなるべくかけない方が髪のためにも安全です。

どうしてもパーマがしたいというときにはパーマ液とパーマをかける頻度を調節しましょう。

 

髪へのダメージが少ないパーマ液が開発されているのでそれをなるべく選ぶようにしてください。

パーマを賭け頻度は2ケ月に1回くらいだと大丈夫です。

 

パーマには第1液と第2液があって

第1液は髪や頭皮の元になるたんぱく質を破壊する作用があります。

第1液の濃度を薄めてもらえばダメージを減らすことができます。

まずは美容品のスタッフと相談してからパーマをしていきましょう。

 

ヘアカラーもなるべくしない方が良いですが

天然成分しか使用していないヘアマニキュアもあるので

必ずしてはいけないというわけではありません。

 

しかしブリーチなどの強いカラー液は頭皮に付くと毛母細胞や毛乳頭を傷つける可能性があります。

極力頭皮につかないようにカラーリングするようにしましょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ