病気が原因で起こる脱毛もある

2013y12m12d_105405367

脱毛の原因は遺伝やストレス、生活習慣の乱れなどによって引き起こされます。

しかしそれらとは関係なく、病気などが原因で引き起こされる脱毛もあります。

中には原因が解明されていない脱毛症もあるんですよ。

様々な原因で脱毛症はおこる

遺伝による薄毛の心配はなくとも油断していると危ないですよ。

遺伝や年齢や性別にかかわらず髪の毛が抜けてしまうことがあります。

その事を病的脱毛症と言って後天的な脱毛症のことを指しています。

 

病気の一種なので誰でも脱毛症になる可能性があります。

そしてその分原因が分かりやすいので正しい治療をすれば元に戻すこともできます。

要は不自然に髪の毛が抜けたら放置するのではなく

しっかりと原因を突き止めよう!ということですね。

 

病的脱毛症には原因によって様々な種類があります。

一番有名なのが円形脱毛症ですね。

だれでも起こる可能性があってしかもはっきりとした原因が分かっていない脱毛症になります。

他にも粃糠性脱毛症や自己抜毛症、薬の副作用による脱毛症などがあります。

 

どんな場合でも薄毛抜け毛のリスクが伴うということを理解しておくと安心できますよ。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ