べとついた頭皮のままでは抜け毛のオンパレード?!

2012y06m07d_102331511

夏になると汗をかきやすくなりますよね。

夏の暑い時期だけではなく、暖房の効いた空間やストレスなど、日常生活において汗をかくタイミングはいつでもあります。

汗をかいてべとついたままの頭皮にしておくと、どんどん抜け毛が進行してしまいます。

 

なぜべたつくと抜け毛が増えるのか

まず、頭皮のべたつきはなぜ起こるのでしょうか。

その原因は汗とともに出る皮脂にあります。

大量の汗をかくことで、同じように大量の皮脂が出ます。

皮脂は時間が経つと酸化し、頭皮の毛穴を塞いでしまいます。

そのため髪が毛穴から抜けやすくなり、抜け毛が進行してしまうのです。

つまり、汗をかけばかくほど抜け毛のリスクが高まってしまうということです。

皮脂がたまると頭皮がべたついてくるので、それが皮脂が過剰分泌されたサインになります。

 

汗をかく人の抜け毛予防法とは

皮脂による抜毛を防止するには、皮脂を出さないか、あるいは頭皮を清潔に保つ必要があります。

しかし、皮脂を出さないということは汗をかかないようにするということなので、夏場にその方法はかなり厳しいです。

なので、もう1つの予防法である「頭皮を生活に保つ」ことを考えましょう。

まず、毎日のシャンプーは欠かさないようにしましょう。

その他にも、栄養バランスの整った食事を食べる、ストレスを減らすなどの方法でも皮脂の過剰分泌を抑え、頭皮を清潔に保つことができます。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ