「薄毛が遺伝する」というのは間違い?

2013y01m18d_163013995

良く「ハゲは遺伝する」と言いますが、実際はどうなのでしょうか。

抜け毛しやすいことが遺伝するのではなく、男性ホルモンの影響が遺伝することがあるようです。

つまり男性ホルモンの影響を受けにくい体作りをすると抜け毛がなくなります。

男性ホルモンの遺伝性

薄毛の遺伝に関しては、「薄毛になること」が遺伝するのではなく、「男性ホルモンの影響を受けやすい毛の性質」が遺伝することが一般的な通説となっています。

男性ホルモンの影響を受けやすいと薄毛になるので、結果的に「ハゲは遺伝する」という風に巷に流布したのでしょう。

この男性ホルモンの遺伝性は男性に遺伝しやすく、女性には遺伝しにくい傾向があります。

なので親が薄毛の場合、息子は薄毛になるが娘は薄毛にならないということがよくあります。

遺伝するのは「男性ホルモンの影響を受けやすいかどうか」ということだけなので、男性ホルモンの量や働きの活性度はあまり関係ありません。

なぜなら薄毛の人もそうでない人も、男性ホルモンの量はほとんど同じだからです。

遺伝による薄毛を回避したいのであれば、男性ホルモンの量を減らすのではなく男性ホルモンの影響を受けにくい体の構造づくりをした方が良いでしょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ