長時間帽子をかぶるのは危険なので適度に換気をしよう

2013y02m10d_170415735

仕事柄、どうしても帽子やヘルメットをしなければならないという方がいます。

帽子やヘルメットは髪や頭皮にあまり良くないので、負担を与えないように配慮しましょう。

一番の解決策は適度に帽子やヘルメットを外すことです。

頭皮が圧迫されることで血流が悪くなることも

長時間帽子やヘルメットを付けていると、頭皮が圧迫されていきます。

その圧迫が毛根に負担をかけ、充分な血液が毛根に行き渡らなくなります。

特にヘルメットに接触しやすい頭頂部は血管が細いため、軽く圧迫されるだけでも血流が悪くなってしまいます。

さらに帽子やヘルメットはかぶり続けることで蒸れが発生します。

頭皮が蒸れると皮脂や細菌が毛根に入り、頭皮環境を悪化させます。

頭皮環境に悪化は抜け毛や薄毛につながるので、なるべく蒸れさせないように、圧迫しないように努めましょう。

仕事の時で帽子やヘルメットをする時は、休み時間の時にはなるべく外すようにしましょう。

頭皮の群れを感じ、汗となって出てきたら早めにタオルでふき取るようにしましょう。

これだけのことでも充分頭皮環境を改善できるので、帽子やヘルメットを長時間被るときには是非参考にしていただきたいです。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ