タバコに含まれているニコチンが薄毛を進行させている

2013y02m14d_164126509

昔から「たばこを吸うと髪が薄くなる」という通説が唱えられていましたが、実際のところタバコが直接薄毛の原因となっているというわけではありません。

しかし、タバコに含まれているニコチンが間接的に薄毛を進行させています。

少しでも薄毛を食い止めたければまず禁煙することから始めましょう。

ニコチンの作用が髪に栄養を送れなくさせている

全てのタバコにはニコチンという成分が含まれており、ニコチンが体内に入ると健康に良くない作用をもたらします。

例えば、ニコチンは血行不良にさせるため冷え症になりやすくなります。

血管が狭くなるため、頭皮の毛細血管まで髪に必要な栄養が送れなくなってしまうのです。

また、血が巡らない部分は体温が減少します。

頭皮の血流が悪くなると頭皮の温度が低下し、育毛によくない頭皮環境になります。

医学実験によって、タバコを吸い始めてから数分後に頭皮の温度が3度も低下することが明らかになっています。

頭皮の温度が下がると筋肉が硬くなり髪を成長させなくなるので、ニコチンは百害あって一利なしでしょう。

髪だけでなく体の健康を考えるなら、タバコは控えた方が良いです。

タバコを吸い始めたから薄毛になったという研究はされていませんが、薄毛を進行させないためにはニコチンが含まれているタバコを吸わないことが薄毛対策の第一歩となります。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ