プロペシアは何に効果を発揮する?

2013y05m12d_122902070

最近では病院で薄毛治療を行っていますよね。

病院で治療できる男性型脱毛症は、とあるホルモンが影響して薄毛の症状を引き起こしています。

そしてそのホルモンを抑制してくれるのがプロペシアになります。

プロペシアの具体的な効果

男性型脱毛症は男性ホルモンの一つである

テストステロンが変換したホルモンによって症状が現れていきます。

 

5αリダクターゼ2型という酵素がテストステロンを

ジヒドロテストステロン(略してDHT)にして薄毛を進行させていきます。

プロペシアはテストステロンを変換させる

5αリダクターゼ2型の働きを抑制する効果があります。

 

プロペシアを服用することで

テストステロンとDHTの濃度が65%以上低下させることができ

その分薄毛の進行を遅らせることができるのです。

 

プロペシアを服用し続けることで

薄毛の進行を止めるだけでなく増毛や育毛効果が現れるようにもなります。

 

薄毛対策に万能な薬ですが副作用の心配があります。

男性がプロペシアを服用する場合

使用者の1%ほどの人が精力が減退したり

精子の数が減少するなどの副作用がありました。

 

また女性がプロペシアを服用すると

妊娠時の胎児に異常が起こる可能性があるため

女性の服用は禁止されています。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ