薄毛を改善するには低体温と冷えも改善しなければならない

2013y05m15d_160511748

育毛ケアは髪と頭皮のことを考えてれば良いというわけではありません。

薄毛の原因はたくさんありますが、その中には低体温や冷えが原因になっていることがあります。

低体温症や冷え症を放置していると、育毛ケアの効果がないばかりか薄毛がどんどん進行することになりますよ。

現代病ともいえる低体温症と冷え性の改善

人間の体温は大体36.5度が平熱だと言われています。

平熱ほどの体温を維持しておくとちょうど良い体内活動が起こります。

 

酵素の働きが良くなったり

免疫力が上がったり

新陳代謝が活発になります。

他にも精神面が安定したりと

育毛だけでなく体全体の健康にも良い影響をもたらします。

 

なので体温が低くなる低体温症や

血行が悪くなって起こる冷え性を放置していると

平熱である36.5度を維持することが出来ず

体内活動が弱くなってしまいます。

 

体全体の活動が弱くなるということは髪の成長も弱くなるので

結果的に薄毛が進行することになります!

 

つまり低体温症や冷え症を改善するという事は

同時に育毛ケアをすることになるのです。

 

髪に栄養を送りつつ体温を36.5度に保っていれば

血流が良くなり体内活動も理想的になり、

り効果的な育毛ケアができるようになります。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ