病院での薄毛治療にはどんなものがあるのか

2013y06m20d_142338162

病院で薄毛の治療ができるようにんりましたが、実際にどんな治療をするのかイメージがわきませんよね。

基本的には内服薬を使用して薄毛治療をします。

しかしそれが育毛や発毛になるかは少し疑問に感じるところですね。

病院で行う治療は薄毛防止だけ?

薄毛治療のために病院で診察を受けると

最初はプロペシアなどと言った内服薬を服用して様子を見るように言われます。

このプロペシアは頭皮を健康にする効果があり

服用すれは抜け毛や薄毛の進行を抑制できるようにあります。

 

つまり病院で処方される内服薬は育毛や発毛をしてくれる薬ではなく

薄毛の原因となっている抜毛を防止する薬になっているのです。

 

例えば成長する髪と抜けていく髪が同程度だった場合

抜け毛を抑制できれば自然と髪が生えてきているように感じます。

この程度の薄毛なら内服薬で解消することが出来るでしょう。

 

しかしすでに抜け毛が進行していて抜け毛を抑制しても薄毛なのが変わらないと言う人もいます。

その場合は内服薬だけでは効果が出ないので他の治療に頼る必要があります。

 

一番手っ取り早いのは植毛です。

今ある元気な髪の毛を元気のない部分の植えることで細胞が活性化して

髪が少しずつ生えてくるようになります。

 

植毛にかかる費用は50万以上にもなるのでよく考えて治療しなければいけません。

また美容目的の治療なら保険は適用されないので

その部分も注意して治療を受けれければいけませんね。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ