プロペシアを飲むだけでは髪は生えてこない

2013y06m28d_122735748

AGAなどの遺伝による薄毛を治すときにプロペシアが使われます。

プロペシアだけを服用していれば薄毛が改善できると勘違いしている人が多いので、それは間違いだという知識を付けましょう。

1種類の薬を飲むだけで薄毛が治れば苦労はしませんよ…。

プロペシアを服用しながら生活習慣を改善しよう

遺伝が原因で起こる薄毛の時には

プロペシアを服用した方が良いと医学でも推奨されていますよね。

プロペシアには薄毛の原因となっている悪玉酵素を抑制する効果があるからです。

 

しかしプロペシアを服用して悪玉酵素を抑えても髪が生えて来ることはありません。

それはプロペシアを服用している人が一番わかっている事です。

 

プロペシアには薄毛の原因を抑制する力しかありません。

つまり髪を生やすための力はプロペシア以外で発揮しなければいけません!

 

プロペシアが薄毛にならないようにしてくれている間に

生活習慣を改善して髪が生えやすい状態を作りましょう。

そうすれば薄毛が進行することなく

頭皮環境が良くなったことで新しい髪が生えてくることになります。

 

薬の正しい効果を知っていれば

薬に頼りすぎることなく正しい育毛ケアができるようになりますよ。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ