薄毛になる原因をなくして薄毛の進行を止めよう

2013y06m30d_112225827

どうして薄毛が進行するのでしょうか?

それは髪を生やすのを邪魔している体内の成分がいるからです。

その成分が活動できないようにすれば、少なくとも薄毛が進行することはなくなりますよ。

薄毛の原因は薬の服用で抑えることができる

どうして薄毛になるかと言うと薄毛にさせている成分が体内にあって

それが活動し続けているからです。

 

薄毛や抜け毛になる原因は男性ホルモンと関係があります。

この男性ホルモンが薄毛の原因になる成分の活動を活発にして

ホルモンの影響を受けやすい額や頭頂部を徐々に薄毛にしていくのです。

 

その薄毛の元になる成分とは悪玉酵素のことです。

ではこの悪玉酵素の活動を抑えれば薄毛の進行が止まるのではないか

と考えて開発されたのがフィナステリドになります。

一般的にはプロペシアと言った方がなじみがありますね。

 

プロペシアを服用することで悪玉酵素の働きを抑制し

薄毛の進行を遅くすることができます。

薄毛の進行を止めるにはほかにも男性ホルモンの分泌を調整する

悪玉酵素を作らないようにするなどの方法がありますが

プロペシア服用が今のところ医師も推奨する薄毛の治療方法になっています。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ