薄毛程見た目以上に辛く人に分かってもらえない病気はない

2013y07m05d_154012812

薄毛や抜け毛に縁がない人は、薄毛や抜け毛になっている人の気持ちを理解しにくいです。

同じ体験をしていない以上共感できないのは仕方がないですが、思っている以上に薄毛や抜け毛は精神的苦痛がある病気になります。

一見してすぐに症状が分かるからこそ辛いんですよね…

人からの理解が得られないとどんどん臆病になっていく

薄毛の悩みは思っている以上に深刻になります。

相談しようと持っても同じ薄毛の人にしか相談できず

「薄毛の相談するのが恥ずかしい」

「薄毛の相談されるほど自分は薄毛だと見た目で判断されているのか」

とお互い不安な気持ちになってしまいます。

 

このようにどんな場面においても薄毛が気になりだして人間関係に臆病になったり

できるはずのことが出来なくなったりして余計にストレスを溜めこむことがあります。

 

薄毛の症状はただ髪が薄くなることなので他の病気に発展していくことはあまりありません。

しかし見た目で分かる症状だからこそ心の病気が広がっていって

うつや精神疾患をもたらす危険性もあるのです!

 

「人は見た目が9割」という言葉が流行になってから

余計に見た目を気にする人が増えたのも薄毛で気が滅入る一因になっています。

 

こうなった時にもうだめだと諦めるのではなく

薄毛を解消してもう一度自分に自信を取り戻したい!と思えるようになれば

着々と育毛ケアが進んでいきますよ。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ