SBC毛髪再生医療センターの自毛植毛はどこまで効果があるのか

2013y10m23d_173753451

SBC毛髪再生医療センターの治療コースの中に自毛植毛コースがあります。

自分の髪の毛を薄毛になった部分に植え替えるだけの治療ですが、どのような効果があるのでしょうか?

自分の髪を移動しただけで移動元の部分が薄毛になるように感じますが実はそうではないのです!

自毛植毛による育毛効果

自毛植毛コースで植毛するかには薄毛の原因となる

男性ホルモンの影響を受けにくい強い髪を使用します。

男性だと耳の上の髪か後頭部の髪がよく植毛に使われます。

 

ホルモンの影響を受けにくいその髪には毛乳頭という

髪を成長させるために必要な栄養を摂取する組織が付いています。

この組織が移植先の頭皮にある毛細血管や神経などとくっつくことで

まるで植物の根が土に根付いて行くように成長して周りの頭皮も発毛できる力を蓄えて

新しい髪の毛が生えるようになるのです。

 

たとえ移植した髪の毛が抜け落ちても頭皮環境が整っているので

他の髪も育ちやすくなっているのです。

地毛植毛は育毛の中でも最終段階の育毛ケアになります。

全体的に髪が薄い人や薄毛の範囲が拾う人はまず薬によって育毛して

ある程度改善したら地毛植毛コースに移ることになります。

 

なので植毛する前にある程度の育毛をするので

植毛したからと言って薄毛が酷くなるわけではありません。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ