バイオテックの育毛理論の一つ「発毛・育毛のアクセルを踏む」とは?

2013y11m15d_114314637

バイオテックの発毛・育毛理論の1つに「発毛・育毛のアクセルを踏む」というのがあります。

健康な髪を生成するためにバイオテックならではの育毛ケアをしています。

これまで育毛剤や育毛サプリメントでは効果が出なかった人におすすめの育毛ケアですよ!

IGF-1理論で育毛をサポートする

バイオテックの育毛ケアではまず脱毛の進行の原因であるDHTを抑制します。

それに加えて育毛のとても重要な成分であるIGF-1を生成することで

髪が成長するサポートするようになります。

 

IGF-1理論は痛みなどの刺激を脳に伝える知覚神経を使って刺激を感知させ

CGRPと言う物質を出させます。

CGRPを毛乳頭にある細胞が受け取るとIGF-1になり毛母細胞の活動を活性化させる成分になります。

IGF-1が毛母細胞の分裂と増殖を促し髪の毛が成長するようになるのです。

 

脱毛の進行を抑え育毛をサポートする物質を生成するという二つの育毛ケアで

確かな効果を生み出しています!

 

バイオテックではシステイン結合による発毛もしています。

髪の毛の主成分であるケラチンタンパク質を構成しているアミノ酸の一つにシステインがあります。

このしステインが酸化すると綺麗なシスチンという物質になり

それがさらに結合するとタンパク質になった髪の毛になります。

システインのきれいな結合を促すことで髪のケア生成して発毛を効果的にしてくれます。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ