パーマとカラーはやりすぎなければOK

2013y12m20d_181042362

髪や頭皮のことを考えるのなら、なるべくパーマはカラーリングはしない方が賢明です。

しかし育毛中でもおしゃれを楽しみたいですよね。

やりすぎなければ多少のパーマやカラーリングは問題ありません。

パーマやカラーリングをする時の注意

□パーマをする時は

基本的にパーマは髪にダメージを与えてしまうのでパーマをかける事は良くありません。

それでも天然パーマを直したいおしゃれがしたいと言う場合は

パーマ液をできる限り髪に優しいものにして2ケ月に1回かける程度にしておきましょう。

 

パーマ液には第1液と第2液があり第1液に髪のたんぱく質を破壊する作用があります。

第1液を薄くしてもらえればダメージをある程度防ぐことができますよ。

 

□カラーリングをする時は

カラーリングもカラー液に酸化剤が入っているので

頭皮に付着すると毛乳頭などを傷つける可能性があります。

パーマと同時にカラーもあうるとダメージは相当なものになりますね。

 

カラーリング剤の中に天然成分のヘナを使っているものもあります。

これなら髪のダメージを軽減できますし白髪染めの効果もあるのでお勧めです。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ