紫外線を浴びた髪はどうなる?

2013y01m07d_094706275

紫外線は夏だけ強いと思っていませんか。

実は春や秋でも十分髪に影響を及ぼすほどの紫外線が降り注いでいるのです。

紫外線を浴び続けると髪はどうなってしまうのでしょうか。

紫外線を浴びた髪の状態と対策

髪が紫外線を浴びると、髪の内部にあるたんぱく質の構造が崩れてしまいます。

長時間紫外線を浴び続けると構造の崩壊はより激しくなります。

たんぱく質の構造が崩れると、髪の保護と保湿の役割があるキューティクルが剥がれてきます。

キューティクルが剥がれた部分から髪内部の水分が出て行き、髪が乾燥しパサつくことが多くなります。

紫外線でパサついた髪で海に行くことは髪にとって要注意です。

海の潮風にさらされると髪の水分や油分がより奪われるので髪の質がどんどん落ちてしまいます。

紫外線で髪が痛まないように、日ごろから髪のトリートメントをして紫外線に負けない髪にしておきましょう。

もし紫外線を浴びすぎて髪が傷んだなと思ったら、いつもより時間をかけてトリートメントをしましょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ