髪が夏バテすると抜け毛が進行する

2013y01m19d_094617512

夏は紫外線や乾燥など、様々な影響が体に降りかかる季節です。

この時期に十分な育毛ケアをしないと、髪が夏バテになってしまいます。

夏バテした髪は秋になるとそのまま抜けてしまうので要注意です。

秋の抜け毛の増加は夏の育毛ケアが原因

夏バテは髪にも起こりある現象です。

髪が夏バテになると冷えによって血行が悪くなったり、食欲不振によって栄養不足になります。

さらに夏は汗や皮脂が出やすいので、調子の良くない髪にさらに追い打ちをかけ、髪の成長を妨げてしまいます。

特に注意すべきなのは海水やくやプールです。

泳ぎに行くと空からの紫外線、海水、プールの塩素などが髪の傷みを促進させ、それが抜け毛や切れ毛につながることもあります。

夏ならではの影響によって髪は急速に弱くなり、夏の終わりごろに弱った髪が一斉に抜け落ちてきます。

抜け毛を増やさないようにするには、夏の間に育毛ケアをしっかりする必要があります。

なるべく髪を傷めないようにする、毎日育毛剤を使用する、ちゃんと食事を摂り、体を冷えさせないようにするなど対策を取りましょう。

秋になってからも育毛ケアを継続させ、髪が抜けてしまった毛穴を放置せず次の発毛の準備をさせておくことも重要です。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ