抜けやすい髪にしてしまう4つの要因

2013y01m20d_132739826

普段通りに育毛ケアを行ているのに抜け毛が多くなることがあります。

それは育毛ケアの方法に問題があることもありますが周辺の環境が変化したことでも抜け毛の量に変化が現れます。

抜けやすい髪を作りやすい要因をご紹介します。

こんな環境にいると髪が抜けやすくなる

■冷房が効きすぎ乾燥している所

夏になるとつい冷房の効いた涼しい部屋にいたくなります。

しかしその冷房が髪に悪影響を及ぼしていることがあります。

冷房が効きすぎている部屋に長時間い続けたり冷房の風を頭皮に直接受けると髪や頭皮が乾燥します。

乾燥した髪は切れ毛や枝毛が出来やすくなってしまいますし、頭皮の乾燥は血行不良を招き髪が栄養不足になります。

 

■汗や皮脂がいっぱい出る

暑い場所にいて汗をかいたり脂性の頭皮をそのまま放置していると、毛穴に汗や皮脂が詰まってしまいます。

毛穴に汗や皮脂が詰まると、育毛剤を使用しても有効成分が毛根にまで届かず育毛ケアの効果が出にくくなります。

 

■紫外線が強い場所

紫外線を多く浴びると、髪を保湿し保護するキューティクルが傷ついてしまいます。

傷ついた部分から髪の内部にある水分が抜けて乾燥するので、髪がぱさぱさになり弱っていきます。

 

■体全体が栄養不足

病気や極度のダイエットによって食事を摂らず栄養不足になると髪にも栄養が行き渡らなくなります。

髪を成長させるための栄養がなくなるので、髪の成長が遅くなり新しい髪が生えにくくなります。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ