寒い季節はシャワーの温度に要注意

2013y01m27d_175310922

秋や冬の季節に入ると、お風呂場はかなり寒くなり、思わずシャワーの温度を上げてしまいがちです。

しかし温度の高いシャワーを浴びていると、それだけで頭皮に悪影響を及ぼすことがあります。

頭皮や髪には強い熱を与えないように周囲しましょう。

育毛中の熱はダメージを与えてしまう

シャワーの温度が高いまま髪を洗うと、髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。

髪の主成分はタンパク質で、このタンパク質は熱に弱い性質があります。

なので熱いシャワーを長い時間浴び続けると、それだけで髪や頭皮が弱り、育毛の効果を減少させてしまいます。

シャワーの温度は40度までに設定し、それ以上の温度にしないようにしましょう。

またシャワーは長時間浴びず、髪や頭皮を温める場合はホットタオルなどを使用するようにしましょう。

シャワー同様、寒い時期にはドライヤーを使いすぎる傾向があります。

ドライヤーを髪に当てる時間が長くなればなるほど髪にダメージを与えます。

ドライヤーをする時はなるべく髪から離してください。

20センチ以上離して使うことが理想的です。

頭皮に熱風が当たり熱くならないように常に動かしながらドライヤーを当てるようにすれば髪のダメージも少なくすることができます。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ