晴天の日の外出や海のレジャーの時は紫外線対策をしよう

2013y01m31d_143543341

天気がいい日にはついそのまま外に出て遊んでしまいがちです。

十分に紫外線対策をしていないと、髪にダメージを与えることになります。

育毛効果を妨げないためにも紫外線対策をきちんとしてから出かけるようにしましょう。

夏のダメージを減らすために守らなければいけないこと

①海やプールに入って上がったら早めに水分を取る

塩分や塩素が強い海やプールに入ると、それだけで髪と頭皮にダメージを与えることがあります。

さらにその状態です紫外線を浴びるとダメージが蓄積され、抜け毛が増加します。

それを少しでも防ぐために、海やプールから上がるごとにタオルドライをするようにしましょう。

 

②泳がないときは帽子や日傘が必須

夏は特に強い紫外線が地上に降り注ぐので、ガラスやビーチパラソルでは十分に紫外線を遮ることができません。

UVカット加工がされている帽子を被るか、日傘をさすようにしておきましょう。

 

③泳ぐときは水泳用キャップを必ず被る

水泳用キャップを被ることで、必要以上に髪を海水やプールの水につけないようにすることができます。

しかしキャップをかぶりっぱなしにすると湿気を伴いそれも抜け毛の原因になります。

泳ぐときはキャップをし、泳がなくなったらキャップを抜いて新鮮な空気を与えるようにした方が良いです。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ