中年女性に起こりやすい「びまん性脱毛症」とは

瀰漫性脱毛症女性でも抜け毛は気になるものです。

年齢を重ねるにつれて抜毛のリスクが高まってきますが、その中でも典型的な抜毛の病気として「びまん性脱毛症」があります。

この病気は、女性でもかなりの確率で起こる病気なので、「私は大丈夫」と思わず一度頭皮をチェックしてみましょう。

びまん性脱毛症の症状は

びまん性脱毛症の症状の特徴は、部分的に髪の毛が抜けるのではなく、全体的に髪の毛が抜けるところです。

分け目の部分が広くなってきた、髪の毛の量が少なくなって頭皮が見えるようになったら、びまん性脱毛症が進行している状況にあります。

びまん性脱毛症になる原因は

びまん性脱毛症が起こる原因は、主に老化にあります。

つまり、どんな女性にも起こり得るとうことです。

原因はそのほかにも、避妊薬の服用、ストレス、過度なダイエット、過度なヘアケアなどがあります。

びまん性脱毛症によって薄くなった髪の毛を元に戻すには、適切なヘアケアが必要です。

頭皮の発毛活動が活発になるよう、育毛シャンプーを使用したり、食事療法をすることで症状が改善することがあります。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ