薄毛になる形によってM型O型などに分けられる

2013y12m09d_132424031

同じ脱毛症でも薄毛になる形や症状は人によって違います。

つむじ付近が薄毛になる人や、生え際が薄毛になる人など様々なパターンがありますよね。

特に日本人に多いのはM字型脱毛になります。

なぜ同じ薄毛なのに形が違うのか

日本人の薄毛の形で多いのがM字型脱毛です。

額の生え際の中心部以外が脱毛していきM字のように薄毛が進行していくパターンになります。

日本人の男性型脱毛症の典型的な症状とも言われています。

M字型脱毛になる原因は薄毛の原因であるDHTの影響が

前頭部に現れやすいからだと言われています。

M字型脱毛を改善するには頭皮に塗って血行促進するタイプの育毛剤を使うよりも

DHTの働きを抑制する育毛剤を使用した方が良いですね。

 

薄毛のパターンには他にO字型脱毛があります。

つむじを中心にO字型に薄毛になるパターンを指します。

白人や女性に多い薄毛のタイプで原因ははっきりと特定されていないのが現状です。

有力な説としては体内の変化によって血行不良になり

髪の成長力が弱くなっているからだという説がO字型脱毛の原因としてよく聞かれますね。

女性型脱毛症や妊娠中、更年期に起こる脱毛もO字型脱毛に近い薄毛の進行症状になります。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ