あの噂を検証!ヘアカラーすると抜け毛が増える?

2012y06m17d_113900477

「髪の毛を染めると髪が抜けやすくなる」という噂を聞いたことはありませんか?

髪を染めるだけなので、頭皮には影響ないように思うのですが、実際はどうなのでしょう。

育毛サロンなどで話を聞くと、この噂の真実を知ることができました。

 

はっきり言いましょう。ヘアカラーは髪に良くありません!

「ヘアカラーをすると抜け毛が増える」という噂、本当です。

抜け毛が増える原因は、やはりヘアカラーをする薬剤にあります。

どんなに注意していても、薬剤は頭皮にも染み込んでしまいます。

薬剤は毛穴にしみこんで、毛根細胞の働きを防いでしまいます。

そのため髪がどんどん弱り、抜け毛が増えてしまうのです。

抜け毛以外にも、きしみや枝毛、切れ毛などもヘアカラーが起こす髪の不調です。

長い間ヘアカラーするとさらに髪が弱り、髪質がどんどん下がってしまいます。

ヘアカラーをしておしゃれをしたい気持ちはわかりますが、そのためには健康な髪の毛を維持しなくてはいけません。

健康な髪があってこそ、はじめてヘアカラーというおしゃれができるのです。

美容院などでも、髪質や髪の細さを見てヘアカラーをしないよう勧めるところもあります。

まずは自分の髪の質をチェックして、髪質に合ったおしゃれを楽しみましょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ