パーマと白髪染めは日を分けて行うようにしよう

2012y07m21d_095506452

女性ならば、どんな時でもおしゃれにしておきたいですよね。

髪の毛をおしゃれにするためにパーマを当てたり、白髪を染めたいと思う女性は多いです。

しかし、パーマや白髪染めをする日を気を付けなければ、髪の毛をどんどん痛めてしまうことになります。

パーマと白髪染めは別の日にして髪の負担を減らす

本来パーマとは、髪の毛のたんぱく質をバラバラにして、強引に元と異なる結合をして髪にクセをつけるものです。

つまり、パーマの効果を持続させたり強いパーマをかけようと思えば、その分髪の痛みが増えてしまうことになります。

髪に一番いいのは、まずパーマをかけなければよいのですが、それでもどうしてもパーマをかけたいと言う方もいらっしゃいます。

パーマには第1液と第2液があります。

パーマをかけたいときは、第1液を薄くしてもらうことで、少しは髪の損傷を和らげることができます。

また、白髪染めはパーマほどは髪の毛を痛めません。

しかしパーマをかけた日と同じ日にすることで、髪への負担がよりかかってしまいます。

髪の毛を健康に保ちたいのであれば、パーマをかける人は別の日に白髪染めをするようにしましょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ