出産後は薄毛が増える?女性ならではの髪の悩みとは

2012y07m23d_133017314

男性はホルモンの影響で脱毛が進行することがありますが、女性も例外ではありません。

女性の場合、出産という大きな体の変化によってホルモンバランスが変化し、抜け毛が増えてしまうことがあります。

しかし出産を経験した全ての女性が薄毛になるというわけではなさそうです。

遺伝的性質と重なって出産後に抜け毛が増える

出産する前から抜け毛の量が多い場合、髪が抜けやすい遺伝子を持っている可能性があります。

そのような遺伝子的性質を持っていると、やはり出産後に抜け毛が増えるようです。

抜け毛は出産後一時的に増えますが、しばらくすると通常の抜け毛の量に戻ります。

しかし中には抜け毛の量は減ったものの、成長途中の髪が抜けてしまうという普段ではありえない抜毛が出ることがあります。

そのままの状態で放置しているとどんどん薄毛になり、また出産となると抜け毛の量が増えてしまうかもしれません。

こうした症状は女性型脱毛症の典型です。

妊娠中に増加した女性ホルモンによって毛が抜けにくくなりますが、出産後その女性モルモンが急激に減少することで抜け毛が増えるのです。

出産する度に抜け毛の量が増えるのは、年齢が高ければ高いほど可能性が高くなります。

対策としては、毎日の育毛剤の使用が一番です。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ