梅雨の時期は要注意!湿気が髪や頭皮の悪影響になる

2012y07m27d_092553860

髪の毛が気になる方にとって、梅雨の時期はさらに髪を気にかけなくてはいけない時期です。

しかし梅雨で髪にどのような負担がかかるのでしょうか。

実は湿気が高ければ高いほど、髪のトラブルが増えてしまうのです。

湿気が高いことによる髪のトラブル

髪の毛は通常、11~16%水分を含んでいます。

さらに髪の毛は性質上空気中の水分を吸収する働きがあります。

つまり梅雨によって湿気が高くなると髪の毛がその湿気を吸収し、通常時よりも水分量が多くなってしまうのです。

水分量が多いと髪はふにゃふにゃになり、ちょっとしたことでもトラブルが起こりやすくなります。

雨が降ると髪がうねりだしたり、セットが決まらないのは湿気によって髪の水分量が多くなったからなのです

特にパーマやカラーリングをしている方はキューティクルが剥がれているのでより水分を吸収しやすくなっています。

それ以外にも髪にコシがなかったり、元々髪が細い方なども髪が湿気に影響しやすいです。

水分を含むと髪が重くなりしぼんでしまうので、ボリュームを多く見せたいのにできないといった悩みができます。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ