こうすれば安心してパーマをかけられる!

2012y07m28d_114027545

髪に気を使ったケアをしていれば、パーマをかけても最小限のダメージで済み、受けたダメージも早めに改善されます。

一番大事なことは、髪を傷つけたまま放置しないことです。

髪のケアをすることでダメージも減り、パーマも長続きします。

パーマをした時のヘアケアのアドバイス

パーマをかける感覚は、通常だと2ケ月に1回程度です。

なるべく髪へのダメージを減らしたいのであればその間隔を3~4カ月に1回のペースでパーマをするようにしましょう。

パーマは緩めにかけるようにし、日ごろのスタイリングでパーマの強さを補いましょう。

パーマをする時に一番してはいけないのが、ヘアカラーも同時にしてしまうことです。

パーマとヘアカラーを同時に行うことで、髪へのダメージが大幅に大きくなってしまいます。

また、パーマやカラーリングをした時には同時にトリートメントをしておきましょう。

日頃のヘアケアでは、髪の健康を保つことが重要です。

育毛剤で栄養を与えるだけではなく、規則正しい生活や食事、運動に気を付けて健康な体を保ちましょう。

パーマ後は髪が乾燥しやすいので、保湿力の高いヘアコンディショナーを使うか蒸しタオルで髪を保湿しておきましょう。

日頃の規則正しい生活やヘアケアによって、パーマが活きてくる生活スタイルとなります。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ