女性の髪は抜けないで薄毛になる?薄毛のメカニズムとは

2012y08m20d_115047286

女性は男性のように、頭の一部分が脱毛して薄毛になるということはほとんどありません。

なぜ女性はそのような薄毛にならないのでしょうか。

それには男性に多いホルモンの影響が大きく関係しているからなのです。

女性の薄毛は量より質の問題

男性が薄毛になる原因の一番は遺伝子によるホルモンの影響があります。

遺伝子的に男性ホルモンの影響が強くなり、その影響に弱い部分から次第に髪が薄くなってしまうのです。

さらに男性ホルモンによって髪が抜けた頭皮はその後もホルモンの影響を受け続けるため、新しい髪の毛が生えにくくなります。

女性はそのような薄毛になることはまずありません。

女性も女性ホルモンの影響を受けますが、男性のような毛が生えてこないような状態になることはありません。

女性の薄毛は髪の毛が抜けるのではなく、髪の毛が細くなることで起こります。

なぜ髪の毛が細くなるのかというと、女性ホルモンには髪を成長させる時期を延ばす働きがあるからです。

女性ホルモンが多い時期は健康に髪の毛が育ちますが、加齢によって女性ホルモンが減少すると髪を成長させる時期が短くなり、髪が太く健康に育たなくなります。

そのため髪の毛が細くなるのです。

閉経によって男性ホルモンの影響を受け、男性のような薄毛になる女性も稀にいますが、その場合でも完全に髪がなくなるということはありません。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ