40代の女性は注意!薄毛が始まってもおかしくない

2012y08m22d_164036311

女性は40代になるとホルモンの量が変化し、体の様々なところに影響します。

その影響はもちろん髪にも関係があります。

ホルモンバランスの変化や生活習慣の変化によって薄毛になりやすいのが40代と言われています。

40代から薄毛が始まる理由とは?

40歳前後になると、女性は女性ホルモンが減少してきます。

女性ホルモンが減少することで男性ホルモンとのバランスが崩れ、髪に影響が出て来ます。

しかし、その影響は男性よりも大きくはありません。

そのため女性は男性のような部分的な薄毛になることがあまりありません。

その代わり、女性は全体的に少しずつ薄毛になっていきます。

女性の薄毛の原因はホルモンだけでなく、過度なダイエットによる栄養失調、亜鉛の不足、疾患などが考えられます。

加齢によって起こる脱毛は老人性脱毛と呼ばれており、誰しもがこの症状になる可能性を持っています、

一方慢性休止期脱毛症と言うのは、ダイエットによる栄養不足や疾患が原因で起こります。

健康的な生活をすることで慢性休止期脱毛症にかかるリスクをなくし、薄毛になる可能性をできる限り減らすことができるのです。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ