産後脱毛症の症状と解決法

2013y02m09d_173842994

女性の脱毛の悩みで多く聞くのは妊娠中や出産後の脱毛のことです。

女性ホルモンのバランスが乱れるため、この時期に抜け毛が増えることがあります。

ほとんどの場合は完治するので気にしすぎない方が良いでしょう。

産後脱毛症とは

産後脱毛症とは、妊娠中や出産後に抜け毛が増えてしまう体の状態を指します。

妊娠により女性ホルモンのバランスが乱れ、髪に大きな負担がかかることが原因の一つです。

産後脱毛症の症状は男性型脱毛症とは少し異なります。

出産した後に抜け毛が増加し、髪全体の毛が細くなるためボリュームがなくなります。

男性型脱毛症は部分で気に脱毛することがア多いので、症状でも違いを見分けることが可能です。

抜け毛が増えると行っても、見た目ですぐ判断できるほどの抜け毛にはなりません。

ほとんどの方は産後脱毛症になって6カ月も経てば女性ホルモンのバランスが整い、抜け毛が少なくなります。

髪の状態も妊娠前ほどに回復するので、抜け毛が増えたからと言ってむやみに育毛剤などを使用しない方が良いです。

むしろ抜け毛を心配しすぎることでストレスが溜まり、産後脱毛症の回復を遅くすることもあるので、あまり気にしすぎないことが重要です。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ